【キングダムカムデリバランス】DLC「ゼロからの復興」をプレイした感想など

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:eilhart:20190926214026j:plain

PS4版最初のダウンロードコンテンツ「ゼロからの復興」のプレイ日記です。ストーリーの流れ、感想などをまとめています。

 

本記事にはネタバレが含まれている可能性があります。閲覧する際は注意してください。

ゼロからの復興スタート!

f:id:eilhart:20190926212903j:plain

ゼロからの復興は、タルムバークにいるディビシュ卿に話しかけることでクエストを開始できます。

ディビシュ卿に話しかけると「プリビスラヴィッツで何が起こっているんですか?」という選択肢が現れ、タルムバーク北西にある廃村プリビスラヴィッツの復興計画を企てているという話が聞けます。

ゲームをロードして最初の説明文にも出てきますが、プリビスラヴィッツ復興のクエストはメインクエスト「戦火の洗礼」が終わった辺りからでないと進行できないようです。

森での迷子

村の復興なんて楽しそう!よし、早速始めよう!と思ったのもつかの間。ディビシュ卿に話を聞いていくと、どうやらプリビスラヴィッツに送った土地調査士マリウスが帰ってこないというトラブルが発生している模様。これは早速面倒なことになりそうです。

案の定、ディビシュ卿はまず土地調査士を探すよう依頼してきたので、仕方なく引き受けてプリビスラヴィッツへ捜索に向かうことになりました。

ディビシュ卿の土地調査士を探す

f:id:eilhart:20190926212940j:plain

相変わらず朽ち果て、荒れ果てたままのプリビスラヴィッツに到着。案外広いので土地調査士を探しながら廃村を巡っていると、メインクエストでキレイに一掃したはずの盗賊がテント付近にたむろしていました。

盗賊は近付いてもすぐには敵対してこないので、一応話を聞いてみることに。

 

f:id:eilhart:20190926213108j:plain

盗賊と話すと、やはり彼らが土地調査士を拘束していました。

盗賊との会話では、

  • 解放しろ!(剣マークの説得)
  • 加わりたい
  • 賄賂を渡す
  • 攻撃する

といった4つの選択肢が出てきます。時間制限があるので急いで選ばなければなりません。

とりあえず剣マークの説得を選んだら成功し、盗賊たちはあっさり土地調査士を引き渡してくれました。(説得時筋力16)

プリビスラヴィッツの調査に参加する

f:id:eilhart:20190926213132j:plain

彼らが去ったあと、白いテントの中を覗くと派手な帽子のおじさんが拘束されているのを発見。どうやらこの方が土地調査士マリウスさんのようです。

拘束を解いて話を聞くと、まだ調査が終わってないから付き合って!と言われます。あんたと一緒に行く・面倒の2つの選択肢が出たので、とりあえず一緒に付いて行くことに。その際冗談を言ってみるも、真面目な人なのか全く冗談が通じない土地調査士マリウス・ビレック。

 

f:id:eilhart:20190926213252j:plain

マリウスに付いていくとプリビスラヴィッツを回りながら「ここには教会、ここは宿屋、ここには厩舎でここはパン屋がいい~」など再建計画を聞くことができます。

土地調査士と話す

一通り調査が終わったところで再びマリウスに話しかけると、今度はディビシュ卿に報告してくるから待機していて欲しいとの指示が。

本当に待っていなければならないのかと思いきや、待機時間はスキップされディビシュ卿がすぐに現れました。

執行官になったヘンリー

f:id:eilhart:20190926213440j:plain

ディビシュ卿が到着すると、盗賊を追い払いマリウスを救ったことを評価されました。その際、実際には払っていないものの「身代金を払ったので、その分を補填してくれれば(嘘)」という選択肢が現れます。

こちらは話術13で成功し、600グロッシェンもいただきました!

そしてプリビスラヴィッツの執行官に任命されたヘンリー。やった!大出世じゃないか!今夜はいつものシチューをやめて肉でも食べるか!と思っていたのも束の間です。

 

ディビシュ卿「その代わり、資金も君が払ってくれ。」

 

…村の復興には数千から数万グロッシェンの膨大な資金が必要そうだ、なんて話をした後にそう来るとは。

盗賊を追い払っただけで執行官に任命されるなんて、都合のいい話だとは思っていましたが…。お祝いに肉を食べるどころか、シチュー生活を続けて節約しなければ…。

書面をラッタイ執行官に持って行こう

f:id:eilhart:20190926213557j:plain

「君は金稼ぎが上手いそうじゃないか。あと、5年間は村の収益を全額あげるよ」などとディビシュ卿におだてられた上、上手い話を持ち掛けられて断るに断れないヘンリー。

まずは正式な執行官になるため、ラッタイの執行官に書面を届けることとなりました。

はるばるラッタイまで戻り執行官に話しかけると、さっそくラッタイにいるスカリッツの人たちにプリビスラヴィッツへ向かうよう布告することになります。

言い忘れていましたが、プリビスラヴィッツの村人にはラッタイで難民となっているスカリッツの元住民が最適じゃないか?という話があったため、ラッタイの執行官の元に行くことになったのです。

執行官に公式告知書を渡そう

クエストは「執行官に公式告知書を渡そう」となっていますが、書面を持って行ったあと執行官はラッタイの広場まで行き演説を始めます。付いて行って話を聞いてみましょう。

 

f:id:eilhart:20190926213717j:plain

まずは、鎧鍛冶屋の前にあるベルを鳴らしてスカリッツの元住民を集めるようです。

♪カラン、カラン、カラン、カラン、カラン…

ベルを鳴らすのはいいのですが…あの、執行官殿、ちょっと鳴らし過ぎではないでしょうか。もう10回以上鳴らしているので十分ではないかと…少し耳が痛いです…。

 

f:id:eilhart:20190926213803j:plain

ベルを一通り鳴らして満足した執行官は、ラッタイの広場にある絞首台の上で演説を始めました。演説の日本語訳が「執行官に任命するぅぅ」など、伸ばすところも細かく表現されていて面白かったです。

クエスト「森での迷子」終了

執行官の熱のこもった演説を聞き終えると、最初のクエスト森での迷子は終了です。この後は「家と呼ぶ場所」というクエストが新たに発生し、再びプリビスラヴィッツへ戻ってマリウスと話すことになります。

マリウスと話したあとは、本格的なプリビスラヴィッツ復興計画の開始です!

DLC「ゼロからの復興」感想

プリビスラヴィッツの復興という、聞いただけでもワクワクするようなDLC。執行官となり村に教会や住居などの施設を建て、有能な商人を選んで連れてくるなど、思った以上にやることは多いです。

序盤をプレイして分かったのは、やることが多いだけではなく、多額の資金が必要になること。少なくとも数万グロッシェン、全て終わらせるなら数十万グロッシェン必要かもしれません。

開始するにはメインクエストをある程度進めていることが前提ともなっているので、中盤以降、あるいはクリア後の楽しみ的な要素なのでしょう。すでにゲームをクリアしていて、資金も余るほどある!といった方にはおすすめです。

まだゲームを進めている途中でも、資金集めをしながら少しずつ復興を進めて楽しめるのではないかと思います。

 

www.gamekimagure.work