【ペルソナ5ロイヤル】シャドウ会話集・交渉の選択肢一覧

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:eilhart:20200112193345j:plain

ペルソナ5ロイヤルの攻略記事です。全シャドウ会話・交渉パターンを一覧表にしてまとめています。

 

シャドウ会話集

以下ではシャドウの会話内容・選択肢、それに対する反応をタイプ別にまとめています。

タイプ 口調
男性(成年) 自身→僕、主人公→君
男性(若者) 自身→オレ、主人公→オマエ
男性(中年) 自身→俺、主人公→お前、兄ちゃん
男の子 自身→オレ、主人公→オニーチャン
女性(淑女) 自身→私、主人公→アナタ
女性(ギャル) 自身→アタシ、主人公→アンタ
女性(積極的) 自身→私、主人公→君
老婆 自身→アタシ、主人公→アンタ
天使系 自身→私、主人公→貴方
ヒーホー君 自身→オイラ、主人公→キミ
獣系 自身→オレ、主人公→オマエ

シャドウの性格と返答

シャドウにはそれぞれ性格があり、それによって好まれる選択肢・嫌われる選択肢が存在します。

性格\返答 真面目 ウケ狙い 優しい 曖昧
弱気 × ×
短気 × × ×
陽気 × ×
陰気 × ×

真面目=多くの場合質問に対し、肯定的であれ否定的であれしっかりと返答するような内容。

ウケ狙い=ユーモアを交えた回答やダジャレなど。

優しい=「すまない」など相手を気遣うような回答。

曖昧=ほとんどの場合質問に対し質問で返したり、話を逸らしたりするような回答。

シャドウのタイプ

性格のほかにも、会話・交渉したときの口調によってシャドウのタイプが分かれています。会話のパターンはタイプによって異なります。

タイプ 特徴
男性(成年) 自身を僕と呼ぶ。柔らかい口調の男性シャドウ。
男性(若者) 自身をオレと呼ぶ。ギャル男系の話し方が特徴。
男性(中年) 自身を俺と呼ぶ。近所のおじさんの様な話し方。
男の子 自身をオレと呼ぶ子供の様な口調のシャドウ。
女性(淑女) 自身を私と呼ぶ。柔らかい口調で消極的な女性。
女性(ギャル) 自身をアタシと呼ぶギャルの様な口調のシャドウ。
女性(積極的) 自身を私、主人公を君と呼ぶアラサー独女系のイメージ。
老婆 自身をアタシと呼ぶ。老婆の様な口調が特徴。
天使系 自身を私と呼ぶ。天使の見た目をしたシャドウの口調。
ヒーホー君 自身をオイラと呼び語尾にホが付く。
獣系 自身をオレと呼ぶ。会話にカタカナ表記が多い。

会話のパターン

シャドウは2回質問や会話を投げかけ、それに対する主人公の回答で「喜び」「困惑」「怒り」のいずれかを示します。

1回目の回答はシャドウがどんな反応を示しても、2回目の会話に繋がります。(1回目の反応は次のシャドウの質問の内容に影響するのみ)

なのでペルソナ化したい場合は2回目の回答でシャドウを喜ばせるのがポイントです。

 

【2回目の会話と結果】

喜び(♪)→ シャドウをペルソナとして入手できる

困惑(汗)→ アイテムをくれる。シャドウは撤退。

怒り → 会話交渉が決裂し、敵のターンから戦闘再開。

1回目の質問について

タイプによって8種類のなかから、質問が決定します。また、メメントスでは通常の8種類ですが、一部パレスでは最初の質問が2種類~4種類ほどしか出ません。

2回目の質問とシャドウの反応

2回目の質問は、1回目の質問に対する主人公の回答に、シャドウがどう反応するかで決定します。

音符(喜び)のマーク→タイプによって8種類から質問が選ばれる

汗(困惑)のマーク→タイプによって4種類から質問が選ばれる

怒りのマーク→タイプによって4種類から質問が選ばれる

こちらもメメントスでは通常の8種類ですが、一部パレスでは2種類~4種類ほどの質問しか出ません。また、タイプによっては1回目の反応に関わらず2回目の質問が決定されます。