ペルソナ5スクランブルの評価・評判・感想まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:eilhart:20200204103006j:plain

ペルソナ5スクランブルPS4版・NintendoSwitch版の評価や評判、実際にプレイした人の感想などをまとめています。

 

ペルソナ5スクランブル評価・評判

f:id:eilhart:20200204103122j:plain

ペルソナ5スクランブルは2020/2/20発売予定のゲームです。発売に先がけ全国で「P5S体験会」が行われており、体験会でプレイした人に面白くなかった~とても面白かったまで5段階の評価を付けてもらっています。その結果が以下の通りです。

P5S体験会の評価 

・とても面白かった 68%

・面白かった 32%

・普通 0%

・あまり面白くなかった 0%

・面白くなかった 0%

 

とても面白かった・面白かったと答える人のみで、普通~面白くなかったと答える人は0%という結果です。(アンケート結果:P5S公式サイトより)体験した人ほぼ全員が「面白かった」と感じる結果には期待が高まります。

プレイした人の感想まとめ

f:id:eilhart:20200204103101j:plain

ペルソナ5の続編とされるストーリーが目玉のペルソナ5スクランブル。ペルソナ5はRPGゲームとなっており、戦闘はコマンドを入力して指示するのが基本です。

一方ペルソナ5スクランブル戦闘はアクションとなっています。キャラクターを動かし、ペルソナの魔法を選んで戦うスタイルとなっており、従来のペルソナシリーズファンも楽しめるのか、という点が評価のポイントとなりそうです。

以下では、体験会でプレイした人の感想をまとめてみました。 

戦闘
アクションゲームになるということで、どこまでP5らしさが入っているのか不安だったが、アクションになってもP5らしい要素がガッツリあった。
ペルソナを使用する場面では時間が止まるので、アクションに慣れていなくても安心。
ペルソナ無双だと思っていたが、実際にプレイしてみるとしっかりとしたARPGになっている。
アクション部分は慣れていない人にとって少し難しく感じられるが、ほかのアクションと違い難しいボタンの組み合わせなどがないので、やり込めば慣れるかもしれない。
弱点やSP配分を考えて戦わないと厳しい部分もある。単調な戦闘になると思っていたが、頭を使ってプレイしなければならないアクションだ。
ストーリー
派生作品だと思っていたが、ストーリーはナンバリングのようにしっかりと作りこまれている。
ストーリーを進めることでキャラの説明や世界観の説明が入るので、P5Sから初めてプレイする人も楽しめる。
音楽・ストーリーなど全てがスタイリッシュ。アクション操作も簡単
その他
3DモデルのグラフィックがP5以上に良くなっている。
主人公以外のキャラを操作できるのが嬉しい!序盤からクイーンやノワールも使える。
音楽がいい。聴いているだけでテンションが上がる。
メニュー画面のUIデザインが良かった。

 

さまざまな感想が寄せられているものの、アクションの面では「爽快感のあるバトルが魅力」「P5らしい」「操作しやすい」といった意見が多く見られました。

また、ストーリーはP5を知っていればより楽しめるほか、P5の発売されていないNintendoSwitch版から始める人でも、世界観や人物紹介などがところどころに用意されているため、置いてけぼり感は少なく安心してプレイできそうです。 

その他シリーズを通して高く評価されている音楽が今回も素晴らしい!といった意見が多く見られました。P5Sの音楽を堪能したら、早期購入特典(のちにDLCとなる予定)のペルソナシリーズBGMに切り替えるのも楽しみ方の1つです。

 

ペルソナ5スクランブルは2020/2/20発売予定です。

ペルソナ5S公式サイト

 

 

ペルソナ5スクランブル早期購入特典 

【収録曲一覧】

  • PS版「女神異聞録ペルソナ」通常戦闘(リファイン版)
  • PSP版「Persona」A Lone Prayer
  • PSP版「ペルソナ2罪」通常バトル曲
  • PSP版「ペルソナ2罰」通常バトル曲
  • 「ペルソナ3 」Mass Destruction
  • 「ペルソナ3ポータブル」Wiping All Out
  • 「ペルソナ4」Reach Out To The Truth
  • 「ペルソナ4ザ・ゴールデン」Time To Make History

 

【限定版特典】

  • ご当地モルガナ手ぬぐい
  • P5S設定資料集
  • 描き下ろし豪華スペシャルBOX
  • ペルソナチームオリジナルデザイン「サコシュ」
  • P5Sオリジナル・サウンドトラック