【Citadel】魔法が使えるオープンワールドサバイバルゲーム「シタデル」とは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

魔法世界を舞台にサバイバルが楽しめるゲーム「Citadel(シタデル)」の内容や評価、オンライン要素についてまとめています。

Citadelってどんなゲーム?

f:id:eilhart:20191015085701j:plain

出典:シタデル:永炎の魔法と古の城塞 | スパイク・チュンソフト

「Citadel(シタデル):永炎の魔法と古の城塞」は、カナダ・トロントに拠点を置くゲーム制作会社Blue Isle Studiosが開発を手掛けるオープンワールドサバイバルゲームです。

steamでは2017/7から早期アクセス版としてすでに販売されており、リリース時は販売本数1位を獲得するほど注目を集めました。

早期アクセス版が配信されてから約2年後、100回以上ものアップデートを重ねた末に2019/12/5、PC・PS4・Xboxoneの製品版が発売されます。

舞台は魔法世界

オープンワールドサバイバルゲームというと、コナンアウトキャストのような過酷な環境で、肉体を駆使し敵と戦いながら生き残るというイメージが強いでしょう。

ですが、シタデルの舞台となる「イグナス」は魔法やドラゴン、オークやスケルトンが登場するファンタジー世界です。

プレイヤーは駆け出しの魔法使いとなり、魔法を駆使して移動や戦闘・素材集めなどをしながらイグナスでサバイバル生活を送ることになります。

建築・移動手段も充実

シタデルでは魔法を使って敵を倒し素材を集め、装備品や拠点を作ることができます。広大なオープンワールドの移動手段には、手懐けた騎乗動物・空飛ぶホウキなど魔法使いならではの乗り物を使用することが可能です。

オンライン要素

シタデルはソロプレイで気ままに遊ぶことはもちろん、オンラインで他のプレイヤーと一緒に遊ぶこともできます。1つのサーバーには最大40人が参加可能。

フレンドと旅をしたり仲間と強大な敵に挑んだり、他のプレイヤーグループと競い合ったり、オンラインでの遊び方はさまざまです。

Citadelの評価

アーリーアクセス版としてsteamではすでに配信されているシタデル。steamの評価を基に、シタデルの良い点・問題点などをまとめてみました。

総合評価

2019/10時点でアーリーアクセス版シタデルのレビューは約3,700件あります。その中で「好評」の評価は約2,400件、「不評」の評価は約1,300件でした。半数以上の人が良い評価をしています。

良い点

  • 空腹や喉の渇きなどに悩まされず快適にプレイできる
  • 魔法を使った素材集めが簡単で楽しい
  • 早い段階で空飛ぶホウキが使用可能
  • 建築の自由度が高い

空腹や渇き、場所ごとに違う気温など、プレイヤーキャラの健康状態を維持・管理しなければならないサバイバルゲームも多いですが、シタデルにはそういった要素がありません。そのため採取・建築などやりたいことに専念できるのが良いと感じている人も多いようです。

問題点

  • イベントやクエストがない
  • 敵や装備の種類・コンテンツが少ない
  • 武器ごとに魔法を設定する必要があり、枠も2つしかない
  • いくつかのバグがある

敵や装備の種類が少ないといった点を不満としてあげる方も多くいました。いくつかのバグを指摘する方もいましたが、アーリアクセスの段階なので多少は仕方がないといった部分もあるのでしょう。製品版ではこれらの問題点が解消されることに期待したいですね。