ゴーストオブツシマ(Ghost of Tsushima)評価・メタスコアまとめ

ゴーストオブツシマ(Ghost of Tsushima)の良い評価・悪い評価、メタスコアなどをまとめています。購入前の参考にしてみてくださいね!

ゴーストオブツシマのメタスコア

評論家のレビュー:平均84点

ポジティブ評価:80

ネガディブ評価:9

発売前に出たゲームメディアの評論家たちによるゴーストオブツシマのメタスコアは「84点」です。ここ最近発売されたゲームの中で、この点数は高い方だと言われています。また、89の評論家がレビューをあげていますが、うち80人がポジティブな評価を付けました。この結果からゴーストオブツシマは大半の評論家が満足する内容とクオリティを持ったゲームだと言えるでしょう。

良い評価

ここでは80点以上の「良い評価」をした評論家のレビューを紹介します。

ポジティブレビュー

Gaming Age:100点
ゴーストオブツシマは、アサシンクリードとファークライの最高の要素を取り入れ「Infamous」で成功させた”サッカーパンチらしさ”も取り入れられています。結果、馴染みがありながらもユニークな作品に仕上がっています。

ステルス要素は最強ではありません。ステルスを必要とするミッションを除いて、私はほとんど前に出て戦闘を行いましたが、どちらかを選択できるという自由はゲームをとても良くするものの一部です。ソニーは一貫してPS4向けの信じられないほどのシングルプレイヤー、ストーリー重視の限定版をリリースしており、Ghost of Tsushimaは彼らの最高の1つとして高く立っています。


DarkStation:100点
Ghost of Tsushimaは戦闘が素晴らしく、世界を探索するのが楽しく、物語が豊かで説得力があるので、私の中でプレイするのが待ちきれなかったゲームです。そして、私はすでに続編を待ち望んでいます。


Daily Star:100点
Ghost of Tsushimaの楽しみは、ゲームの構造の好みにあると思います。ホライゾンゼロドーンとデイズゴーンをプレイしたことがあるなら、何を期待すべきか正確にわかるでしょう。

私は比較を理解していますが、ゲームを「アサシンクリード、しかし日本にいる」と呼ぶことは、私の意見では少し不快なことです。

はい、あなたは隠れ家を襲撃します。はい、あなたは「リスンモード」を持っており、壁の後ろの敵を見てステルスして敵を殺すことができます。ゲームはまた、同世代の人からの同様のアイデアを持っています。例えば、SEKIROが受け流しに焦点を当てていることや、仁王のスタンスなどです。しかし、Ghost of Tsushimaは多くの面で非常に優れており、その部分の合計以上のものです。

ゲームプレイは楽しいです、物語とそのキャラクターは素晴らしいです、そしてアートディレクションは絶対に美しいです。ここの長所は短所をはるかに上回ります。


Worth Playing:94点
ビデオゲームは、私たちがコントロールするキャラクターの役割を私たちに与えるだけのものであり、Ghost of Tsushimaは、13世紀のサムライのように感じさせることに成功しました。これは、ゲームのメカニズム、コントロール、世界の面で素晴らしい功績があり、興味深くオープンで、本当に鮮やかで、見事なグラフィックスと、もちろん絶叫するアートディレクション。

このタイトルが属するサブジャンルに非常に典型的ないくつかのクラッチと設計上の欠陥がありますが、このクロージャーがPlayStation 4の素晴らしい独占を表す体験を覆すものはありません。


ING:90点
Ghost of Tsushimaは、巨大で密集したサムライアドベンチャーであり、その視覚的スペクタクルと優れた戦闘の両方で私を完全に魅了しました。ステータスのアップグレードの代わりに新しいアビリティを着実に導入することにより、剣術はやりがいがあり、楽しめるものとなっています。特に敵AIとそのステルス/アクションスプリットのステルス部分に関しては、他のファーストパーティのソニーゲームと比較して、いくつかの側面は驚くほど洗練されていません。それでも、これはこのジャンルでは長い間取り組まれてこなかったいくつかの問題を解決すると同時に、単に万能のサムライスラッシングの楽しい時間でもある、並外れたオープンワールドアクションアドベンチャーゲームです。

良い評価をしたほとんどの評論家が13世紀の日本・侍映画の様な世界観への没入を高く評価しています。ステルス部分はアサシンクリードと比較して評価する人が多く、アサシンクリードには及ばないものの、世界観の良さがそういった欠点を補えるほど素晴らしいとのレビューが多かったです。

ネガティブ評価

ネガティブレビュー

VG247:60点
素晴らしい瞬間はありますが、最初の数時間の境井仁のように、過去に捉われています。それはオープンワールド:ゲームですが、非常に簡単です。失敗してもペナルティが発生するなどゲームプレイに影響がないため、ただの作業をしているように感じます。風によるジョークを許せば、そよ風です。遊んでいると、心がさまようことがよくありました。途中もう早く終わってほしいと感じてしまいました。サムライのように、ゴーストオブツシマは過ぎ去った時代の遺物のように感じます。


Guardian:60点
常にその歴史的な設定を独自の風変わりな物語のステージとして使用するアサシンクリードとは異なり、ゴーストオブツシマは、時々独自の個性を持つことを忘れるほど、古典的なサムライフィクションのトロップとストーリーラインに非常に密接に固執しています。ストーリーミッションの最中、何度も飽き飽きしてスマートフォンを何度もチェックした後、しばらく放棄することにし、キツネを追いかけたり、温泉に浸ったり、伝説の探求のために平均的な俳句を作ったり、山に登ったりするのを楽しんだ。代わりにお辞儀をしてください。これは、これまでコードで表現された最も美しいバージョンの日本です。用事を実行し、モンゴルの槍兵を少し斬るのが面倒になると、いつでもただ眺めているだけで飲むことができます。

ネガティブな評価は少なかったものの、低い評価を付ける理由としてあげられているのが「途中飽きてしまった」という意見です。ですが、これは単に「死にゲーを期待した人」と「侍映画という世界観に興味がない人」がプレイした感想だと個人的には思います。

ゴーストオブツシマは独特な世界観を持っているので、どんな人にも受け入れられるゲームという訳ではないのかもしれませんね。

ゴーストオブツシマ評価まとめ

良い評価をしている人が大半で、中でも侍映画のような世界観や冥人として戦うか侍として戦うか選べる自由度などを評価している人が多かったです。

ネガティブ評価もありますが付けている人は少なく、低評価レビューは死にゲーを期待した人や侍映画という世界観にあまり興味がなかった人たちの意見が多かったという印象でした。

ゴーストオブツシマは2020/7/17発売予定です。

 

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント