ゴースト・オブ・ツシマ(Ghost of Tsushima)攻略・最新情報まとめ

Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)の攻略・最新情報をまとめたサイトです。発売日やゲーム内容などゴーストオブツシマについて紹介しています。

ゴースト・オブ・ツシマ発売日

Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)の発売日は2020/7/17です。

当初は6/26発売の予定でしたが、発売日が2週間ほど延期され7/17となりました。

ゴーストオブツシマとは

Ghost of TsushimaはSucker Punch Productions(サッカーパンチプロダクションズ)が開発を手掛けるオープンワールドアクションアドベンチャーゲームです。

舞台は文永(1270年代)、モンゴル軍の圧倒的な勢力に侵攻された対馬

対馬島最後の侍、主人公「境井仁」が対馬を解放するために武士としての道を外れ、邪道な戦い方もいとわない「冥人(くろうど)」となりモンゴル軍と戦うストーリーとなっています。

オープンワールドで味わえる美しい日本の風景

ゴーストオブツシマは日本を舞台としたオープンワールドゲーム。注目したいポイントとしてあげられるのは、何と言ってもグラフィックの美しさです。

遠くまで見渡せるほどの透明感、木々が風に揺られ、そして木の葉の1つ1つが戦闘中に舞う演出など。丸で時代劇の映画を見ているかのような映像が没入感たっぷりに描かれています。

また、神社や集落、日本の気候・地形を取り入れて作りこまれたフィールドなども登場します。

没入感を重視したゲーム画面

ゴーストオブツシマのプレイ画面にはミニマップ・ステータスなどのUIが見受けられません。目的地へ行くためのマーカーはマップを開いて付けることができますが、そこまでの道のりは「風の吹いている方向」を頼りに進んで行く形です。

また、途中動物(狐)が案内してくれるようなシチュエーションも存在します。ミニマップや画面上に現れるガイドなどは無いものの、自然に、分かりやすく道を案内してくれるシステムが豊富です。

武士として戦いに挑むか、冥人として闇討ちするか

本作では侍として正面から敵に挑むか、冥人(くろうど)として敵に闇討ちを仕掛けるか2通りの戦い方が選べます。

侍として正面から挑む場合は相手の攻撃を受け流し、敵を斬っていくスタイルで弓なども使用可能。冥人として挑む場合はステルスが中心となります。

モノクロ画面でプレイできる「SAMURAI CINEMA」モード

ゴーストオブツシマではSAMURAI CINEMAというモードを選択することもできます。このモードはゲームプレイの画面を、日本の時代劇を再現したかのようなモノクロ画面にできるというもの。特に海外の侍映画ファンを意識した作りになっているようです。

育成要素

ゴーストオブツシマにはスキル解放・追加効果などを発動する護符の選択など豊富なカスタマイズと育成要素も用意されているようです。装備の選択もできるほか、装備の色を変えることもできます。

世界観を堪能できるフォトモード

フォトモードでは色彩効果や被写界深度などを調整できるほか、落ち葉や花を舞わせることもできます。また風向き・キャラクターの表情といった細かい部分も調整可能。動画を作成したり楽曲を選んだりすることもできます。

ゴースト・オブ・ツシマの値段

Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)はパッケージ版・ダウンロード版ともに6,900円(税抜)となっています。

早期購入特典・予約特典の内容

  • 『Ghost of Tsushima』デジタル ミニサウンドトラック
  • Ghost of Tsushima「仁」ダイナミックテーマ
  • Ghost of Tsushima「仁」アバター