【モンスターファーム2】プールバグとは|活用方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:eilhart:20200327144018j:plain

モンスターファーム2のプールバグについて解説した記事です。プールバグの詳細や活用方法も併せて紹介しています。

プールバグって何?

プールバグとはモンスターファーム2のトレーニング「プール」に関するバグのことです。

具体的にはプールをさせるとき、なぜかモンスターの丈夫さとライフの成長適性が入れ替わるバグのことをいいます。

 

例えばプールをさせるとき限定で

 

ライフA・丈夫さE → ライフE・丈夫さA

ライフE・丈夫さA → ライフA・丈夫さE

といったように伸び幅が変わってしまうのです。

プールについて

丈夫さ ↑↑ 上昇大
ライフ 上昇小
かしこさ 下降小

モンスターファーム2のプールは大トレーニングの一種で、丈夫さが大きく上昇・ライフが少し上昇・かしこさが少し下がります。

成長適正について

モンスターには

  • ライフ
  • ちから
  • かしこさ
  • 命中
  • 回避
  • 丈夫さ

といったパラメータがあり、各モンスターによって伸び幅が違います。

それをA(一番上がりやすい)~E(一番上がりにくい)まで5段階のアルファベットで表したものが成長適正です。

 

本来であれば丈夫さ適性Aのモンスターはプールで大きく丈夫さを上げることができるはずですが、そのモンスターのライフ適性がB以下だった場合、期待した上昇値を見込めないことになります。

ですが、その逆を利用した活用法があるのもプールバグです。

プールバグを活用できる種族

f:id:eilhart:20200327144039j:plain

  • プラント
  • ワーム
  • コロペンドラ
  • ネンドロ
  • ニャー

上記5つの種族はライフが上がりやすいけれど、丈夫さが伸びにくいといった特徴を持っています。

プールバグを活用すれば、本来であれば伸びにくい丈夫さも上げることが可能です。

それに加えてもともとライフも上がりやすいので、走り込みとプールを活用して打たれ強いモンスターを育てることが期待できます。

プールバグのマイナスな影響を受ける種族

f:id:eilhart:20200327144049j:plain

  • ゴーレム
  • モノリス
  • ナイトン
  • アローヘッド
  • デュラハン
  • メタルナー

活用できるモンスターもいる反面、丈夫さが上がりやすく、ライフが上がりにくいモンスターはプールバグの影響を受けてしまいます。

丈夫さを大きく伸ばそうとプールをさせても、思ったほど伸びないパターンです。

ただし普段伸び悩むライフの伸びは良くなっているので、プールでトレーニングをさせる価値がゼロになったという訳ではありません。

 

当時プールバグに関する対策や修正などはされなかったのですが、もし移植版が出たら修正される可能性もありそうですね。